知っておきたい土地売却にかかる税金

土地売却の際にかかる税金ってどれくらい?どんな税金がかかってくるの? - 知っておきたい土地売却にかかる税金

知っておきたい土地売却にかかる税金

dtjytyd土地(不動産)の売却の時に必ず税金を払わなくてはなりません。その税金を大きく分けると3つに分類することができます。売買契約書に貼付する印紙税・抵当権抹消抹消登記の免許税・不動産譲渡所得税の3つになります。
この税金は不動産(土地)などの売却時期によって大きく異なることがあります。売却をしようとしている不動産の価値が高ければ高いほど税金の金額が大きくなります。それでは大まかな税金の内容を見てみましょう。

印紙税とは?

土地(不動産)を売買する時、必ず書面にして残す必要があります。これを売買契約書と言います。売買契約書を作成した場合、売値に応じて印紙税を貼付しなければなりません。
印紙税はあらかじめ掛かる税金の金額が決められています。10万円以下は200円、1000万円から5000万円は15000円となっています。このようにあらかじめ売却した金額に応じて印紙税は決められているので、その点も踏まえて売却価格を決めるといいかもしれません。

抵当権抹消登記の免許税とは?

抵当権抹消登記とは、不動産を購入する際に銀行などの金融業者からお金を借りて購入すると必ず抵当権が登録されます。これは購入するにあたり、銀行などの金融業者から貸し入れたお金で購入した不動産が対象になります。
この抵当権が設定されている不動産などを売却する時、購入者が抵当権が設定されていない不動産を購入できるように登録を抹消する必要があります。
この抹消に掛かる免許税は1件につき、1000円となっています。不動産の売買を行う時は抵当権の有無を必ず確認した上で購入することが大切です。

不動産譲渡所得税とは?

不動産譲渡所得税とは、不動産の売却を行った際に生じた所得に対して掛かる税金のことを言います。この不動産譲渡所得税は不動産を購入した金額より売却した時の金額が高かった場合に生じた売却益に対して掛かる税金です。
基本的には売った金額から売却した金額と諸経費を差し引いた利益に対して発生する税金です。この譲渡所得税は土地や建物の物価の価値によって大きく左右される税金です。

まとめ

土地の売却の際、上記で紹介した3つの税金が発生します。印紙税と抵当権抹消登記の免許税はあらかじめ定められた金額の税金が課せられます。しかし不動産譲渡所得税は売却する時の物価価値によって大きく異なります。
土地の査定基準は物価価値によって大きく異なるので、少しでも税金を抑えたい場合は土地の売却時期を見極める必要があります。しかし、不動産売買は動く金額も大きいため課せられる税金の金額も必然的に大きくなります。
その中でも物価の変動の影響を大きく受けるのが不動産譲渡所得税だということを覚えておくといいかもしれません。購入時の金額と売却時の金額の差額が大きければ大きいほど不動産譲渡所得税が上がり、これに伴い売買契約書に貼付する印紙税も上がることを忘れてはいけません。
不動産売買は大きな金額が動くために、高く売れる時期に売却を考える方が多いと思います。しかし高く売れれば売れるほど、その不動産に対して課せられる税金の金額が上がることを頭に入れて売却する時期を見極めるようにしましょう。
また税金の計算や書類の作製をする場合、信頼できる司法書士などに依頼する方法もあります。売却の前に信頼できる専門家に相談をすると、損を最小限に抑えて売却することができることを覚えておくといいでしょう。
名古屋市の土地査定はコチラまで→http://www.bellecora.com/